About Us「温故知新」私たちについて

日本古来の木造建築を、持続可能な手法をもって守り伝えていく。
私たちは最先端の技術を生かし、
日本の伝統文化の維持・再生に貢献することを社是としています。

私たちが拠点を置く京都には、世界に誇る木造建築があまたあります。神社仏閣、歴史的建造物、貴重な古民家。それらは観光資源としてだけでなく、日本古来の建築文化を伝え、建物を維持する知恵や技術を伝え、日本人の暮らしと自然、過去と現在、そして未来をつなぐ場として機能しています。

この貴重な木造建築を、これからどう維持・管理していくか。残念ながら旧来の材料や工法だけで、すべてを十全にメンテナンスしていくことは不可能です。時間が経つほど劣化が深刻化し、より多くの手間とコストを必要とする木造物を維持・管理していくために、新しい技術を積極的に取り入れ、それを使いこなせる技術者を育成することが不可欠であると私たちは考えます。

イメージ

しかし、それは旧くからの知恵や技術を否定するものではありません。

木という素材をどう扱うか、数百年も向き合ってきた過去があるからこそ、最新の技術をどう採用し、応用するのが最善なのかを判断することができます。日本の気候条件や建物の用途にあわせ、どのタイミングでどんなメンテナンスが必要なのかを、新たな技術をもってより効果的に計画することができるのです。

私たちは「温故知新」を社是とし、日本の木造建築文化を後世へ伝えていくために、最新の技術とサービスをもって社会に貢献してまいります。

万福
代表 万福 公至